更新情報

HOME > 更新情報 > 「品川区観光フォーラム」で"OAM提言"

「品川区観光フォーラム」で"OAM提言"

「品川区都市型観光プラン」策定に伴うフォーラムへ、パネラーとしてOAM綱嶋竜太 事務局員が参加、提言

hamano.jpg

2020年のオリンピック・パラリンピック開催に向けて、"これからの品川観光プラン"づくりのステップとなる「品川区観光フォーラム」が7/1(金)、パークシティ大崎のSHIP(品川産業支援交流施設)にて開催されました。

当日はパネラーの一人として濱野品川区長も参加。オール品川で展開する「観光都市品川」実現に向けた取り組みをテーマに、安島 博幸氏(跡見学園女子大学教授)の基調講演と十代田 朗氏(東京工業大学准教授)の進行・コーディネートに基づき全7人のパネラーを中心とした真摯な意見交換が行われました。



バスターミナルを基点に、大崎の「歴史発掘」とその情報発信を始めとした、既存施設&コンテンツを活かした観光開発を提言(OAM報告)


tunashima.jpg

注目されたパネルディスカッションでは、パネラーとして(一社)大崎エリアマネージメント(OAM)、品川観光協会、品川区商店街連合会、寺田倉庫(株)、(株)宿場JAPANの各代表が登壇。「水辺活用」「ショートトリップ」「国際化対応」さらに「情報発信」の4つのテーマのもとでの各自の取り組み方針について報告がありました。

とくにOAMでは、綱嶋事務局員により、バスターミナルのもつ交通結節点としての利便性を活かすことや、大崎の隠れた「歴史発掘」(例:情報誌「新鮮大崎」での『大崎今昔物語』)や大崎グルメ&各種イベント紹介も含め、現在ある施設とコンテンツの有効利用による観光まちづくりを紹介。さらに外国人への情報伝達手法の検討も併せて、効率よく情報発信していくことを提言しています。

品川区が力を入れる「都市型観光プラン」の実現化に向けて、その推進体制の主力として期待されるOAM。今後の取り組みについて、「観光化に伴う問題点」も含めて真摯に提言する綱嶋事務局員の表情が印象に残るフォーラムでした。


017.jpg