2011年7月アーカイブ

大崎駅西口南地区市街地再開発事業(大崎ウィズシティ)が晴れて起工へ

city02.jpg大崎駅西口地区の各事業と連携し"安全で快適な複合市街地の形成"に向けて整備を進めていた大崎駅西口南地区市街地再開発事業は、7月21日、晴れて起工式を迎え、再開発事業の大詰め段階へと歩を進めることとなりました。

同地区はC地区(ソニー)の竣工に続く大型整備事業として注目され、大崎駅南口からThinkPark、ソニーを経て伸びるペデストリアンデッキ(歩行者デッキ)に結ばれた24階建てのタワーオフィス(大崎ウィズタワー)と、204戸の住宅を擁したタワーレジデンス(ル・サンク大崎ウィズタワー)、さらに店舗と福祉施設からなる新・複合市街地となっています。

建物の完成予定は平成25年。"歩きたい、住みたい、働きたい"西口地区全体のまちづくり目標に向けて、大崎駅前にまた一つ、新しいまちが完成することとなります。

IMG_0032.jpg

『品川ビジネスクラブ』オフィスが開設しました

p13_ae.jpg

0011.jpg
p13_d.jpg
品川区とNPO法人「ものづくり品川宿」が主体となり、日本を代表する世界的企業が拠点を置き、秀でた技術を持つ中小企業が数多く立地する「大崎」において、ものづくりの集積が持つ可能性を伸ばし、活性化させる諸活動を行うことを目的に平成22年7月に設立された団体です。

002.jpg
大崎駅周辺に集積する高度な技術を持つ大手企業や中小企業のクラブ会員(会員数68名)で構成され、
「企業や人と人の交流、連携を通した新たな事業の創出」を目指すネットワーク組織となっています。

003.jpg
行政機関、産業支援機関、大学等の連携による「ものづくり企業」への支援に加えて、
様々な主体が参画する多面的な交流の場を提供し、世界に発信する新たな産業の創造に向けて連携、
結合を目指す活動を行っていきます。

004.jpg
交流の場としてのオフィスを、大崎ニューシティ4号館(新大崎勧業ビルディング)1階に、7月1日開設しました。


P1000414.jpg

『大崎周辺まちづくり協議会』活動レポート

hasira02.jpg
雨をものともせずに盛り上がった「お花いっぱい運動」

hana02.jpg
「大崎周辺まちづくり協議会」活動のひとつとして行われている定例行事の「お花いっぱい運動」。 
ことしですでに15回目となったこの名物行事が、去る6月11日(土)、小雨降るなか、大勢の参加者を集めて大崎駅東口側と西口側の2カ所で開催されました。

実施箇所は東口側の御成橋公園と周囲の歩道、西口側のThinkPark北側歩道と、ひふみ公園。花苗3,000株は「品川区水とみどりの課」で用意、花植えは地元の企業有志や住民の方々、小・中学校(日野学園、大崎中学校)の児童生徒によるボランティアと区職員で実施されました。
hana01.jpg

(なお、参加企業は、コベルコ建機、新日鉄エンジニアリング、日本ハム、モスフードサービス、ダイワロイネットホテル東京大崎の各社。次回は10月に実施予定です。)





hasira05.jpg

「新鮮大崎」VOL6(夏号)が発行開始!

お蔭様で好評をいただいています「新鮮大崎」の夏号VOL.6("ほっとハートな涼感店")が発行されました。涼を求めて涼やかなお店や、スポットをご紹介しています。ぜひご覧下さい。

contentImg03.jpg

  • 更新情報
  • 広告媒体のご案内
  • イベント・催事情報
  • その他の更新情報